モテるには自信が必要なのか

 

モテるようになりたい。と思っているけど
モテなくて悩んでいるなら・・・
恋愛に自信なんて持てないと思います。

 

だけど自信無くしてモテるようにはなれません。

 

どうも 酒井です。

 

僕は恋愛に対しての自信はあります(笑)
モテる男であると思っているくらいです。

 

それは勘違いでは無く、経験上狙った女は
ほぼ高確率で口説いています。

 

今でこそ恋愛を教えることをしていますが
この業界に入ってからというものあらゆる恋愛ノウハウを
見てきたしそのノウハウを実践もしてきました。

 

そして僕の恋愛スキルは更に磨きがかかり、
ハイレベルな美女も口説いてきました。

 

No1キャバ嬢、美容業界のセレブ美女、
モデル、アイドル、高級ホステスなど・・・

 

職業柄あらゆる職種の女とも関わりがあり、
実際にデートして口説いてきました。

 

そして恋愛に携わる人との交流もあり
ナンパ師や恋愛コンサルタントの人とも
共にビジネスをする機会もありました。

 

あらゆる恋愛ノウハウの中でも必ずと言っていいほど
言われていることが自信はモテる要素に欠かせない
ということです。

 

そんな自信について解説をしていきます。

 

モテるには自信は必要なのか

 

このことに関しては僕の意見では
モテるには自信は必要です。

 

なぜならモテる男に共通していることは
女を惹きつける魅力があるからです。

 

その惹きつける魅力というのは意図を持って
作り出していくことが出来るものです。

 

人はたとえ作られた姿であっても確信を持てば
惹きつけられてしまうものです。

 

例えば何でもない普通の人であっても
病院で医者のような白衣を着た姿で
見るからに医者にしか見えない姿の人に

 

「あなたの顔色は肝臓を悪くしている」

 

なんて言われてしまえば真実味を
感じてしまうと思います。

 

それは病院にいる白衣を着た人が言うんだから
医者であると思い込んでいるから真実味を
感じているんです。

 

つまり演出によって意図を持って信じさせて
しまえるということです。

 

つまり人を惹き付けるということは演出をすれば
意図を持って惹きつけることも出来てしまうんです。

 

人を惹き付けるにはまず確信を持たせることが
必要であり、

 

その確信を持たせるには自信を持った姿が
必要になります。

 

では恋愛に置き換えて考えてみましょう。

 

女を惹きつける男というのは
男としての男らしさが必要です。

 

男らしさとは堂々としている姿や
正義感や頼もしさなど色々とあると
思います。

 

その根底には考え方や価値観といったものが
ありますが、演出すれば振る舞えることも
出来ます。

 

狙った女の前では振る舞いを変えるということです。
それが意図を持って惹きつけることでもあります。

 

しかしその振る舞いを演出するには自信を持って
振る舞えるかどうかが肝であると言えます。

 

やりきれるかどうかという自信です。
そういったことも踏まえて自信は必要な要素であると
いうことです。

 

演出して惹きつけるというとちょっと
いやらしく聞こえてしまうかもしれません。

 

しかし演出するということは僕は恋愛には
必要なことでありやった方がいいとさえ思っています。

 

いつかメッキが剥がれてしまう。
だからそんなこと良くないと思うかもしれません。

 

しかし人ってそもそも目指すべき目標や
目指すべき理想の姿というのは持っていると
思います。

 

そこへ向けて努力している人もいると思います。
ではその努力っていうのは出来ない事が出来るように
やり続けていくことなはずです。

 

足が速くなりたければ走り続ける。
ドリブルが上手くなりたければ何度もドリブルをする。
タイピングが早くなりたければキーボードを打ち続ける。

 

そうやってやればいことを何度も繰り返して
上達していくものです。

 

演出も同じようにモテたければモテる姿を
演出し続けていればいつしかその姿が自然となり
モテていくものではないでしょうか。

 

自信なんて無いというのであれば自信のある
姿を演出し続けていればいつしか本物の自信と
なるのであればやった方がいいと僕は思っています。

 

ではでは、何か参考になれば。

 

ps

さきほど行動の根底には考え方や価値観と
言うものがあると言いました。

 

人は思考が行動となって表れるものです。
自信が無いのにも思考が関係あります。

 

恋愛をネガティブに捉えれば自信が
持てなくなってしまったり。

 

そういう考え方やマインドを切り替えるには
こちらも参考になると思います。
精神的な弱さを改善する方法

 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ