相沢蓮也の女性をいじる技術って役に立たない?評価出来るか?

酒井です。

 

女性の心理誘導のプロの恋愛コンサルタント
相沢蓮也氏の商材は僕はいくつか高評価していますが

 

相沢蓮也氏の商材の特徴としては女性の心理を非常に
理論的に解説がされており

女性心理に沿って商材が作りこまれている印象を受けます。

 

そして相沢氏曰く90日で告白を成功させる方法は
なぜか女性から好評なんだとか。

→90日で告白を成功させる方法はコレ

 

そして相沢氏の商材は1つのテーマに絞った
商材が展開されています。

 

女性の性欲に特化した→うっかりハメちゃう性欲トラップ
酒を使ってセックスへ持ち込む→酒と媚薬で女とセックスする手口
そして女性をいじることに特化したこちら

gijyutu

 

 

 

 

 

 

>>女性をいじる技術<<

 

女性をいじる技術のレビューはこちら

 

この女性をいじる技術の評判は賛否両論だけど
この商材はいじるということは女の子の心理的な壁を
乗り越えるコミュニケーションとして解説をしているんです。

 

いじることはコミュニケーションの一つであり
感情を揺さぶる手段の一つです。

 

だから女の子の感情の揺さぶり方が身に付けられる商材です。

 

ではなぜ女の子の感情を揺さぶる必要があるのか。
それは結論から言ってしまえば惚れさせるため。

 

女の子が惚れるにはいくつか要素がありますが
主導権を握っている男は惚れさせやすいということ。

 

生物学的に考えても女の子は男に従いたいものなんです。
男に委ねていた方が安心するから。

 

女の子は安心して生きていたいんです。
男以上に身体的にもリスクを背負って生きていますからね。

 

妊娠、身体的機能も含めて。
だから頼りになる男に身を委ねて安心していたい。

 

それが女の子の心理です。

 

だから主導権を握ってくれる男には安心するし
そういう男に身を委ねたい。

 

つまり惚れやすい。

 

その主導権を握るには女の子より精神的に
上の立場に立てる男でなくてはなりません。

 

精神的に上の立場を感じさせるには
女の子をいじれる男ということなんです。

 

女の子をいじれる男っていうのは
男としての強さの証明でもあるんです。

 

そしていじり方っていうのも女の子の心理に
合わせたいじり方があります。

 

それは関係性であったり女の子の感情の状態であったり。
女の子の心理が解らないと適切ないじり方って出来ません。

 

だからいじり方が下手な人って嫌われるし避けられるんです。
「この男空気読めないの?」と思われているんです(笑)

 

 

そして相沢氏の女性心理の理論で解説された
女性をいじる技術が非常に参考になるんです。

 

どのように女性との関係を縮めていく
コミュニケーションを築いていくのか。

 

どのように感情を揺さぶっていくのか。

 

なぜ多くの人は上手くいじれないのか。

 

そのようなことが良く解ります。

 

女の子と仲良くなる会話が出来ないって人や
女の子に舐められてしまう人。

 

友達止まりから発展出来ない人には
かなり参考になると思いますよ。

 

一般書籍の値段にも関わらず(笑)

 

恋愛商材って値段が安ければそれだけ
中身がスカスカであったり対して役にも立たない
値段以下の商材が山のように多いですが

 

この商材は値段以上と感じている人が多いです。
そして僕自身もそう感じます。

 

迷ったら買ってみたらいいというのが
僕の思うところです。

 

損を感じることが無いから。

 

詳しくはレビュー記事を参考にしてみてもらいたいです。

 

女性をいじる技術の詳しい説明はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ