モテたい、彼女が欲しくて作りたい男がやるべきことは

女の子にモテるようになって恋愛を充実させたい
可愛くて自慢の彼女を作って羨まれたい
もう一人でいるのは嫌だ
どうしても彼女が欲しくて仕方ない

 

そんな男の願望を叶えるには

 

酒井です。

 

男なら誰もが可愛い女の子が大好きです。

 

そして可愛い女の子にモテたいという願望があるはずです。

 

モテれば街で見かけたS級の美女に声かけて
番号聞き出すことも出来るし

 

そのままデートをしてしまうことも出来るでしょう。

 

学校や職場で出会った可愛い子をデートに誘うことも

 

口説き落として彼女にすることも出来るでしょう。

 

実際に僕は女の子に悩むことは全くありません。

 

もしも大金持ちの男ならそのステータスだけで
美女を惹きつけることも出来るかもしれません。

 

圧倒的な美女を連れたセレブはいますからね。

 

ただ、僕らのような一般人であっても
大金持ちのステータスの高い男が決して
経験することが出来ないような

 

可愛い女の子に不自由しない生活を
実現させることは出来ます。

 

決して大金持ちじゃなくても

 

決してイケメンじゃなくても

 

たとえ顔にコンプレックスがあっても

 

たとえ中年であっても

 

女の子を惹きつけ惚れ込ませるスキルを身に付ければ

 

彼女を複数人作ることも出来るし

 

美しい妻を持ちながら彼女を数人作ることも

 

女の子を抱きたくなれば電話1本で自宅へ呼び出し
ベットでイチャイチャすることも

 

街に出て数時間でその日の相手を見つけて
ホテルへ連れ込むことも

 

狙った女の子は高確率で数日以内にホテルへ連れ込むことも

 

決して大金持ちのようにお金を使うことなく
(デート代、ホテル代、食事代くらいは必要ですが)

 

女の子を惚れさせるスキルだけでそれくらいのことは
出来てしまいます。

 

大金持ちというステータスが例えあったとしても
女の子が欲しいのはお金であって

 

他のお金持ちにあっさり持ってかれることも
あるんです。

 

しかし女の子に惚れさせることさえ出来れば

 

他の男の女であっても自分の女にすることも

 

携帯を無くしても新しい女の子の連絡先は
数日もあればあっという間に増やせるし

 

もし彼女と別れてもすぐに新しい彼女を作ることも

 

彼女が途切れない生活を続けることも

 

数百人~数千人の女の子を抱くことも

 

マジで女の子に不自由しない人生を送り続けられます。

 

決して大金持ちであってもそんなスキルは
持ち合わせていませんよね。

 

たとえ今全くモテなかったとしても
1年もあればで女の子を数人抱くくらい出来るし

 

真剣に取り組めば1年もあればそれほど不自由することも無いでしょう。

 

人生変えようと思えば変わるもんです。

 

もしあなたが口下手でコミュ症で
全くモテない童貞であっても

 

たとえモテないままの中年であっても

 

出会いが全く無い社会人であっても

 

マジでモテたいと思うのなら

この最短の方法をこれから示します。

 

女の子に不自由しない3つの要素は

 

・会話スキル

・出会いを増やす方法

・雰囲気を作る方法

 

この3つの要素を身に付ければとりあえず充分です。

 

恋愛において重要なスキルは

会話スキル

 

どんな美女と出会うことが出来ても会話が
まともに出来なくてはその美女と親しくなることは
出来ませんよね。

 

親しくなるには女の子の警戒心を取り外し
安心感を与え信用を築かなくてはならないんです。

 

しかしまともに美女と目を合わすことも出来なくて
声が震えて挙動不審では怖がられるだけです。

 

余計に警戒心を持たれてしまいます。

 

またはせっかく美女と話せる機会があっても

 

「何を話せばいいのかワカラナイ」

頭の中真っ白・・・

 

それで余計に焦ってテンパると思うんです。

 

もうその時点で信用どころか
「この人は興味なし」と思われてます。

 

せっかくのS級美女との出会いも
親しくなるどころか興味すらも持たれない。

 

それではその辺に転がっている
存在すらも認識されない石と変わりません。

 

興味が無いっていうのはそういうもんです。

そうなっては惚れさせることは永延に不可能です。
会話が苦手という人はまず会話スキルから身に付けること。

 

彼女作ることくらい楽勝で
女の子にモテて不自由することの無い生活を
最速で目指すならまずは会話の基礎から。

 

それにはこちらが役に立ちます。
モテ会話マスタープログラム

 

出会いを増やす方法

 

出会いを増やすことがなぜ重要か。

 

モテない人ほど1人の女の子に執着しています。

 

まるで「この子しか愛せない」というように。

 

でも惚れさせるスキルが無くては
どんなに気に入った子が出来ても
惚れさせることは出来ませんよね。

 

じゃあ狙った子を口説けるようになるには
どうすればいいのか。

 

それは沢山女の子を口説く経験をすることです。

 

沢山女の子とデートをしたり

沢山ホテルへ誘い出したり

 

その経験を積めば女の子をどうやって
口説けるのかが解ってくるもんです。

 

それも同じ女の子では無くて沢山の女の子と
経験を積むことが必要です。

 

つまり沢山の女の子と経験することが
口説きの経験にもなり惚れさせるスキルを
身に付けていくことになるんです。

 

それに沢山の初対面の女の子をデートに誘うことは
そのまま会話スキルを上達させることにもなります。

 

出会いの数だけ経験が積めるんです。
出会いは出来ることは何でもした方がいいです。

 

合コンに呼んでもらうこと、自分で開催すること

 

ネットで日頃から女の子と沢山会うこと。
ネットならちゃんと出会える優良サイトを使うこと。

 

安心の優良サイトはこちら→PCMAX

 

最強の出会いがナンパなのは間違い無いです。

 

自分のタイプの女の子と出会える

匿名性のある出会いなので後腐れが無い

すれ違う女の子全てが出会いに繋がる。

 

幅広い年代に出会える

 

即日セックスがしやすい

 

番号交換しやすい

 

ナンパは多少の労力はかかるけどメリットはデカいです。

 

ナンパ初心者がナンパに踏み出すには
こちらを参考にするといいでしょう。

 

だからおまえはモテないんだ、ヤれ!

 

ナンパはどんな声をかければいいのか解らないというのなら
こちらのテンプレートが役に立ちます。

 

ナンパの台本

 

ナンパした子とデートしてホテルへ連れ込むにはこちら

 

連れ出し後会話テクニック

 

まずは出来ることから積極的に出会いを増やす
努力をしていってください。

 

マジでモテなかった人生が変わりますから。

 

次に雰囲気を作りだす方法

 

女の子の知り合いは増えた。

 

だけどなかなか恋愛関係に発展しない。

 

そういう場合は女の子の性的感情を動かすことが
出来ていないんです。

 

ドキドキさせる男になれていない。

 

そのような状態ではいくらデートをしても
女の子と良い雰囲気になって手を繋ぐことも

女友達から恋愛関係に発展することも

 

可愛い女友達とセックスすることも出来ないままです。

 

ドキドキしない男とはどんなに仲良くなっても
お酒でほろ酔いになってもセックスしませんから。

 

女友達から更に発展させるには性的感情を動かすこと。

それが女の子の性欲に刺激を与えることになります。
性的感情を揺さぶり性欲を刺激すれば

 

セックスしたい気分にさせることが出来るんです(笑)

 

しかしいくら性欲を刺激しても理性でガードが残ったままでは
勢いでセックスするなんてはしません。

 

どんなにガードの固い女の子でも理性を取り外し
性欲を刺激することで拒むことなくセックスへ持ち込めます。

 

そんな方法はこちらを参考にすればいいです。
うっかりハメちゃう、性欲トラップ

 

性欲を刺激して理性を取っ払う方法が詳しく解ると思います。

 

これでただの友達から発展することが出来ますね。

 

また女友達から恋愛関係に発展させるには
女の子に異性としての魅力を感じさせること。

 

ドキドキさせたり感情を揺さぶるような会話。
そういう会話はモテる男は欠かさずにやっていますね。

 

逆に良い人止まりのままとか優しいだけの人は
例外なく女の子の印象に残らない会話しかしていません。

 

女の子の感情を揺さぶるような会話は
こちら→女性をいじる技術

 

 

この3つの要素を満たせば女の子に不自由しない
女の子を惚れさせるモテる男になれます。

 

一般人の僕らがこの要素を身に付けるだけで

 

他の人達が経験出来ない女の子に充実した人生

 

大金持ちですら経験出来ない人生

 

男の願望を満たし男としての歓びに酔いしれる人生

 

決して女の子をもて遊ぶことではありません。

なぜなら惚れさせるということは女の子の気持ちに
答えた接し方の結果です。

 

女の子を雑に扱えば惚れさせることなんて出来ませんからね。
女の子の気持ちうを大切にした接し方でもあるんです。

 

惚れさせるスキルを身に付けて女の子に不自由しない
人生を手に入れてください。

 

では これで

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ