恋愛で主導権を握る方法とは

恋愛を有利に進めるには

 

酒井です。

 

狙った女の子は口説き落とし,
恋愛を自由に楽しめる人生を送ること。
これが僕の人生観です。

 

好きになった人と付き合いた。
気に入った女の子を抱きたい。
他の人より多くの女の子と一夜を共にしたい。
街で見かけた可愛い子を口説きたい。
とにかくセックスに明け暮れたい。

 

まぁ男なら誰でもある欲望ですね。

 

僕はこんな感情に正直に生きたいし、
感情を我慢して女の子に相手にされない
年齢になった時に

 

「あの時もっと遊んでいれば」
とか

 

「一度で良いから女の子にチヤホヤされたかった」
とか

 

後悔したくないですからね。

 

今、全力で恋愛を楽しみ、生涯最期の時に
「良い人生だった」と感じたいですね。

 

その為にはモテる必要があります。

 

僕の知り合いで大学卒業して童貞。
という悩みを持っている人がいます。

 

顔は別に悪く無いし、背も割と高くて
一見普通に恋愛経験はありそうです。
でも今まで女の子と付き合ったことが無い。

 

女の子と恋愛の話題になれば気まずくて
いつも話題を変えている。

 

男友達でセックスの話題になれば
経験無いとは言えず、あたかも経験あるように偽る。

 

彼はそんなきまずい思いが耐えられなくて、
女の子を口説けるようになりたいと僕に相談を
してきました。

 

なぜルックスが悪いわけでもない。
恋愛経験ありそうな彼は彼女が作れないのか。
答えは簡単でした。

 

彼は女の子の機嫌が悪ければ
機嫌を損ねないよう気を配り、

 

女の子に低姿勢で優しく振る舞い
女の子の話を頷きながらずっと聞く。

 

一見凄く優しく良い人です。
ただつまらないんです。

 

彼は女の子に嫌われるのが怖かったんです。

 

可愛い女の子に嫌われるのが怖くて、
女の子の意見を飲みこむ。

 

まるで「喉乾いたからジュース買ってこい」と
怖い先輩に従う後輩のようです。

 

彼は可愛い女の子や好きな女の子を
引っ張ることが出来なかったんです。
そして従う立場を選んでいた。

 

嫌われたくない。
女の子に好かれたい。

 

そーゆー気持ちが従う立場を選んでいたんです。

 

だから女の子から見ればつまらないんです。
女の子は男に引っ張ってもらいたいんです。

 

恋愛の主導権は女の子が握っていた。

 

女の子を惚れさせる立場を取ることが
主導権を握ることです。

 

彼の場合は惚れさせる側では無く
惚れられたい受け身の立場なんですね。

 

彼のような思考は多いんですが
惚れさせるという意識を持つことって大事です。

 

惚れられたいという意識では無く
惚れさせるという意識。

 

この意識の違いは受け身か攻めの違いです。。

 

冒頭でも言ったように僕の恋愛に対する
考えは攻めの意識です。

 

狙った女の子を口説くという考え。
惚れさせるということ。

 

もしも好きな人は手に入れたいとか
可愛い彼女が欲しいとか
モテるようになりたいとか
沢山女の子を抱きたいと思うのであれば

 

意識を攻めに切り替えるといいです。
そうすればやることは惚れさせること。

恋愛の主導権を握るかどうか
根本的な差は考え方です。

 

考え方が行動を作り出すからです。
主導権を握られてしまう場合は考え方が
受け身を選んでいます。

 

もし主導権がどーしても握れないなら
こちらの記事も参考に

恋愛は主導権が必要なわけ

サブコンテンツ

このページの先頭へ