ナンパに必要なスキルは会話力

ナンパに必要なのは会話力。

 

「酒井さんナンパに連れて行ってください」

 

僕にそう言ってきたのは後輩でした。

 

後輩は女の子にモテたくて
ナンパに連れて行って欲しいということでした。

 

僕としては別に断る理由もないので
別に構わないと言いました。

 

そして後輩は僕にこう言ってきました。

 

「ナンパは数をこなせば成功出来ると
言われますよね?
だったらひたすら声かければいいですか?」

 

たしかにナンパは数多く声をかければ
出会いの数も増えるので成功確率は高くなる。

 

ただそれはあくまでもある程度の
会話力があってのこと。

 

考えてみてほしいんですが。

 

見た目が不潔で声も小さく、
近寄りがたい男が

 

いくら街で美女にひたすら声をかけても
誰一人として口説くことは出来ないはずです。

 

ナンパして出会いに困らない生活を
手に入れるなら会話力が必須です。

 

もちろん会話力を付ける為に
ナンパをすることは間違いではありません。

 

ただ、それにはある程度時間をかけて
分析と検証を繰り返す必要があります。

 

僕もナンパに明け暮れていた頃、
どう声をかければ女の子に反応してもらえるか。
試行錯誤しました。

 

反応してもらえたら
次はどう切り返せば会話がつながるか。
また試行錯誤しました。

 

今になってみれば良い経験になりましたが
正直、遠回りしてたな~と思います。

 

というのは
今はナンパに関してテンプレ化が
されているからです。

 

ま~テンプレってのは理屈が解ってなければ
上手くいかない部分もあるんですが。

 

算数の公式が解ってなければ
答えだけ解ってても問題が解けないのと
同じことです。

 

必要な言葉を見極めて
テンプレを活用することが
有効的なんですね。

 

ナンパはこう言えば
こう返ってくるってものじゃ
ありませんからね。

 

多少、傾向はあるけど。

 

だから必要なのは会話力なんです。
そして会話力は理屈が解っていると
飛躍的に上達が加速します。

 

ナンパで言うと
どんな声かけすれば印象がいいか。
どんな会話をすれば親しくなれるか。
女の子はどんな心理なのか。

恋愛も同じで女の子は
どんな会話をすると打ち解けるか。
どんな会話すると心開くか。
どんな会話すれば信用されるか。

 

人と人のつながりを作る会話の理屈は
頭に入れといた方がいいです。
理屈が解れば言葉を引き出せますからね。

 

ナンパは短時間の会話で勝負するものです。

 

数をこなして会話力をつけようと
思っても会話につなげられなくては
会話力なんてつきません。

 

声かけてもシカト。
声かけても「急いでるので」と
相手にされない。

 

それでは何も会話出来ませんからね。

 

だったら会話につなげる
ナンパの仕方を解っていなくてはなりません。

 

その為の理屈とテンプレが
あれば手っ取り早いです。

 

たとえばこれ
後藤孝規のナンパテンプレート

 

今の所これが完璧かなと思います。
ナンパ師達のバイブルみたいなもんです。

 

僕はもっと早く知っておけば
遠回りすることなかったな~と思いました(笑)

 

冒頭で言った後輩もナンパ初心者だったので
このテンプレを紹介しておきました。

 

僕がナンパに連れて行った時には
始めてなのに女の子の反応は結構良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なくても地蔵になることは
ありませんでした。

 

知ってるのと知らないのは
大きな差が出ますね。

 

では参考までに

サブコンテンツ

このページの先頭へ