モテない生活を変えてモテる方法は恋愛に諦めないこと

酒井です。

 

「彼女が欲しい」と思い続け、
気がつけば何年も彼女がいない。

 

好きになった子がいても
断られることにビビってデートに誘えない。

 

可愛い子と親しそうに話して
慣れ慣れしく、ベタベタしている男を見て
「羨ましい」と劣等感に駆られてしまう。

 

同性から「こないだあの子とホテル行ってきたんだ」
なんて話を聞かされ、羨ましくて仕方なくなる。

 

妄想の世界で可愛い子と毎晩セックスをしている。

 

恐らく大半の男がそういう思いを抱いているかと
思います。

 

しかし稀に不自由をしない男もいます。

 

街で可愛い子に声をかけ
あっさり番号を聞きだし、デートしたり

 

女の子と飲みに行けばそのまま
ホテルへ連れ込んだり

 

モテない生活を脱却したい思いで
30代から一気にブレークする人もいます。

 

しかし大半の人が前者で
彼女が欲しくても思ったように作れない。

 

可愛い子を抱きたくても
その相手がいない。

 

付き合った子のルックスに妥協をしている。

 

その場合、日常を変える必要があります。

 

僕の経験則で言えば
変わりたいと思えば現実を変えることが出来ます。

 

モテる経験をしたことが無く、
彼女を作ったことが無いまま30代を迎えた男が

 

今ではしょっちゅう可愛い子に声をかけて
ホテルでセックスを堪能して楽しんでいる人がいます。

 

アイドル並に可愛い学生をホテルへ連れ込んで
スベスベの身体を明け方まで抱き続けたり

 

巨乳のベロベロに酔ったOLの身体を
堪能したり

 

日夜、可愛い子に声をかけて楽しんでるみたいです。

 

そんな彼はナンパをしてから変わりました。

 

僕はナンパをきっかけにモテるように
なった人を何人も知っています。

 

ナンパしてれば今まで出会うことも無かったような
美女とも出会えるし

 

ナンパして無ければ出会えない数の女の子に
声をかけるわけです。

 

そりゃー会話も上手くなります。
ナンパは会話を物凄く上達させます。

 

短い時間で女の子を振り向かせるわけですからね。

 

そして多くの人はモテたいと思いながら
ナンパをしようとしません。

 

ナンパって出会いの1つだと僕は思っています。

 

学校で仲良くしている友人だって
学校で出会ったばかりの頃は他人です。
まずは声をかけるところから始まります。

 

ただ学校で出会っただけ。
学校という同じ環境にいる共通点が
あっただけのことです。

 

ナンパだって学校の出会いとは変わりません。
道端にいる他人という共通点があり
声をかけるところから始まります。

 

ナンパという出会いを見逃すのは
勿体ないことです。

 

モテたいと思いながら
行動する人、行動しない人がいます。

 

変わりたいと思い行動することが
現実を確実に変えることです。

 

モテない生活を脱却するのにも
行動することでしか出来ません。

 

さきほどのモテなかった彼は
仕事帰りに毎日ナンパをしていました。

 

始めた頃は1日1人に声かける。
徐々に人数を増やし、初めて番号を聞き出すまでに
2週間ほどかかったみたいです。

 

それでもナンパして本当に良かった~と
嬉しかったみたいです。

 

もしナンパして無かったら
きっとこの先何十年と女の子を抱くことも
出来なかったと思うみたいです。

 

何十年も彼女は出来なくて
女の子とセックスも出来ない生活って
想像しただけで身震いしてしまいます。

 

現状がどんなにモテなくても
どうにでも変えられます。

 

ぜひ諦めないで行動してみてください。

 

PS

 

そういえば僕の大好きなカリスマナンパ師の後藤孝規さん。

 

後藤さんもモテない悩みを抱えて
ナンパを始めた人ですね。

 

それが今ではカリスマ恋愛コンサルタントです。

 

ナンパを通じてモテるようになるのは
後藤さんが実証しています。

 

ナンパを始めてみたいという
初心者にはこちらをお勧めします。

 

後藤孝規のナンパテンプレートレビュー

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ