2回目のデートに繋がらないのはなぜか

1度デートをしたのに2度目のデートが
断られてしまうそれはなぜなのかというと・・・

 

どうも 酒井です。

 

デートをしたのに2度目、3度目になると
断られてしまうという人が多いので今回はその
原因について解説していきたいと思います。

 

デートの目的とは

 

そもそもデートが出来たにも関わらずに
それ以上に発展しないのは恐らくデートの目的が
達成出来ていないということが考えられます。

 

多くの人は

 

デートで女の子を楽しませようという心意気で
デートに挑むと思うのですが
それはもちろん重要なことです。

 

そもそも退屈なデートをすれば

 

「もうこのデート最悪だな。次は無いな」
と女の子に思われてしまうので楽しませることは必要です。

 

デートをしたにも関わらず次に繋がらないから
つまらなかったんだと考えてしまうと思います。

 

でも考えてもらいたいんですが
本当にそのデートはつまらなかったのかということ。

 

それなりに盛り上がっていたのであれば
それは事実として盛り上がっていたわけで
決してつまらなくて退屈だったわけではありません。

 

しかし次のデートに繋がらないのであれば
本来のデートの目的が果たせていないからです。

 

女の子は楽しむためにあなたとデートをするわけではありません。

 

楽しみたいのであればあなたでは無くて
他の仲の良い友達と遊びに行けばいいんです。

 

どこか行きたい場所があれば別に
あなたとじゃなくてもいいんです。

 

女の子とデートをする目的ってもっと違うはずです。

 

ではデートをする目的って何なのかといえば、
それは心の距離を縮める為です。

 

「あなたってどんな人なんだろう」

これが女の子が興味持っていることです。

 

デートっていうのはその興味に答えて
心の距離を発展させる手段なんです。

 

そして次に繋がらないというのであれば
心の距離が縮められていないということ。

 

どんなに女の子を楽しませようと盛り上げても
女の子と心の距離は縮められなくては次はありません。

 

僕が女の子とデートをする時に意識していることって
どれだけ女の子のことを知るかです。

 

僕のことを打ち明けて女の子と信頼を作って
関係を縮めること。

 

だからそこまでデートで楽しませようとか
ステキな場所に連れて行こうとかはそこまで
意識しません。

 

ただドライブするだけの時もあるし
ただ食事するだけの時もあるし

 

拘るのはどんな会話をして心の距離を縮めるか。

 

2度目のデートに断られてしまうということは
女の子の興味に答えられていなかったからだと思います。

 

どんなにデートの場所に拘っても
どんなに楽しませる努力をしても

 

関係性を縮められなくては
「またデートしよう」とは思われません。

 

デートは心の距離を縮めることを意識してください。
では 何か参考になれば

 

失敗しないデートのやり方なら
こちらも参考までに

 

デートの教科書

サブコンテンツ

このページの先頭へ