彼女が欲しいけどナンパは必要?そんな友人にナンパのやり方を教えた話

酒井です。

 

先日、友人から「あ~、いい加減、彼女欲しいなぁ」
という言葉を聞きました。

 

友人は彼女が欲しくてしょっちゅう合コンをしています。
合コンで出会いを作っているけど、
どうもしっくり来る子と巡り合わないそうです。

 

僕もよく合コンには行くけど、たしかに合コンで
こんな人を求めていた!という子にはなかなか
巡り合いませんね。

 

それに友人は合コンの幹事をしているので
開催するまでの手間を考えると、効率悪いな~と
思ってしまいました。

 

人を集めて、場所を作って、日程の調整して、連絡取って。
やっとご対面!と思えば、しっくりこないというオチ。

 

僕はいっそのナンパでもしたら?と友人に言いましたが、
ナンパで彼女作れるか?と言いました。

 

ま~結論から言えば、最短で彼女作るなら
僕はナンパを勧めます。

 

それにはいくつか理由があって、

たとえば日常のコミュニティの中で彼女を作ろうとするなら、
大抵は一人の子を口説くと思います。

 

たとえば学校で数人を口説くようなことはあまりしませんよね。
会社になれば、口説くことすら難しいと思います。
(下手すりゃ気まずくなりますから)

 

となれば、口説ける人数は限られてしまいます。
その限られた人を口説けなければなりません。
もし、周りにタイプの子がいなければ、タイプの彼女は出来ませんね。

 

「だから、出会いが欲しい」という悩みが生まれてしまいます。

 

それに、限られた人数の中から口説かなければならないと、
日頃から女の子を口説くという経験も少なくなります。

 

スポーツと同じで、口説くことを日頃していなければ
女の子を上手く口説くことは出来ません。

 

とすれば、いざ物凄くタイプで理想の子に出会っても
上手く口説くことって出来ないんですね。

 

ナンパはその全てを補うことが出来ます。

まず、タイプの子だけを選らんで口説くことが出来るし、
1日に何人もの女の子に声をかけることが出来ます。

 

出会ったばかりの声かけ、
番号ゲットする為の口説き、
アポを取る為の口説き、
連れ出す為の口説き、
店に入って好きにさせる口説き、
セックスするための口説き、

 

ナンパをしてれば毎日のように
女の子を口説く経験が積めますね。

 

それに出会いは無限大にあるので
数多くの女の子を見ていれば、

 

ある日
「この子こそが理想的な女の子だ!」という出会いがあります。
僕は何度もそのような出会いがありました。

 

そういう子と出会った時に口説くには、
日常から女の子を口説いていなければ難しいです。

 

可愛い子ほど日々、沢山の男から口説かれていますからね。

ということで、友人にはナンパのやり方を教えることになりました。
当然、ストリートナンパ未経験者です。

 

街に出ればかなりビビってました。
なので声かけに慣れることからスタートです。

 

この記事のように
「ナンパを始めたい」初心者がナンパするには

 

声かけになれてくれば、ナンパの主な流れ、
僕が実際にやってるトークを教えました。

 

この記事を参考に
初めてのナンパ上手くできるか緊張するなら

 

友人は女の子からの反応がもらえるようになれば
楽しくなったようです。

 

やはりトークが上手く機能すると、
初心者でも結果が出やすいことを実感しました。
初心者にもかかわらず、2日で番号3ゲットです。

ナンパは正しいやり方、正しいトークを持つだけでも
結果は素早くだせますね。

 

では 参考までに

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ