ナンパで即が出来ない。即を成功させる為のやり方とは

酒井です。

 

ナンパを始めた人から、「即が出来ません」
と言われることがあります。

 

何年もナンパをしているけど、即がなかなか出来ない。
連れ出しは出来るけど、即が出来ない。
声かけ出来るようになったから、即を決めたい。

 

そういう悩みを抱えている人は多いと思います。

 

好みの可愛い子に声かけして、番ゲして、アポを取るか、
声かけして連れ出し、即を決めるか。

 

どちらにしてもホテルへ連れ出し、ゲットすることを
狙ってナンパしているはずです。

 

しかしホテルへ連れ出せない、グダが崩せない、即が決められないなら、
考えられる原因は間違いなく、連れ出し後の会話です。

 

連れ出しからギラつきまでにする会話には、順序が必要です。
当然ながら、女の子にとって「この人いいな」と思われていなくては、
ホテルへ着いていこうと思うわけがありません。

 

連れ出してからの会話には、好感度を高め、関係を構築する会話。
性的感情を揺さぶる会話。
この順序のアプローチが重要になってきます。

 

関係が構築出来ていないのに、性的な会話をしても
女の子には「この人は身体目的なんだな」と思われるだけです。

 

考えてみれば解りますが、女の子が「この人いいな」と思っていない人が
身体を狙ってると思えば警戒しますよね。
そんなの女の子にとってみれば、恐怖でしかありません。

なので、会話の流れは関係を構築する会話が先です。

 

声かけして連れ出せれば、女の子は簡単に落とせるというものじゃありません。
ナンパでも、口説きでも、女の子を落とすには、心の距離感を近づけることが
何よりも先です。

 

心の距離感を近づけられなくては、絶対に女の子を落とすことは出来ません。
関係を構築する段階では、心の距離を近づける会話をすることです。

 

心の距離を近づける会話とは

 

この段階の会話ですることは、主に2つあります。

それは女の子のことを理解する会話、魅力を伝える会話です。
理解する会話とは、聞き役になって女の子の身近な話や過去の話、
本音で思っていることなどを聞き出してあげることです。

女の子は話を聞いてくれる人に心を開いていきます。
その為には共感や肯定の姿勢で話を聞き、
「私のことを解ってくれる人だ」、「私のことを受け入れてくれるんだ」
と感じさせることです。

 

このように聞き役の立場を取ることで、女の子は話しやすくなります。
間違っても女の子の話を否定してはダメです。
否定しては本音どころか、話をしたくなくなり、嫌われます。

 

この関係を構築する会話にも順序があり、日常的な会話などの
軽い話題から入り、徐々に悩みやコンプレックスなどの重い話題を
順序立てて聞いていくことです。

 

まだ、心を開いてもいない人に重い話なんてしたくありませんからね。
なので軽い話題~重い話題へと会話を進めていくことです。

 

心を開いた女の子に魅力を感じさせるのも、間接的に伝えることです。
ダイレクトに言えば、自慢話にしか感じられません。

 

友達多いんだろうな、結構モテてるんだろうな、
女の子に相談されてるんだな、
などのように、会話の節々に間接的に伝えられたらいいです。

 

「こないだ相談されたことなんだけどさ、~どう思う?」
みたいに僕は質問をして間接的に伝えています。

 

関係構築もある程度、深い話が出来たら、
次に性的な会話で性欲へアプローチしていきます。

 

ここで恋愛やエロい話です。
この話題は女の子に妄想体験をさせるので、
性欲を昂らせることが出来ます。

 

基本的に女の子は妄想をする生き物です。
妄想は心、身体に反応を示すので、性欲を刺激するんです。

恋愛やエロい話でドキドキを感じさせ、
更にスキンシップで肉体的な距離を詰めていき、
「この人に抱かれてもいいな」と感じさせることが出来ます。

 

スキンシップも順序があり、手、肩などに軽いスキンシップ、
その反応を見て、徐々に頭、腰などへのスキンシップをしていくこと。

 

手をつないだり、スキンシップの反応を見て、抵抗無ければ
ホテルへ連れて行くと即が決めやすくなります。

 

グダはもちろん見せますが、ほとんどが建前のグダなので、
堂々とホテルに行く理由、本気の思いを伝えることで、グダは崩せます。

 

僕はいつもこの流れで即を決めているし、
この流れは人間の心理に沿った流れです。

具体的な会話のやり方、スキンシップのやり方は
こちらが動画で参考になるかと思います。
連れ出し後会話テクニック

 

では 参考までに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ